セミナー

<緊急開催>パワハラ防止法成立により対策が急務に!
企業のパワハラ防止措置対策の講じ方と
外部のカスハラ・クレーマー対策

セミナーコード00097
状況受付中
日時2019年7月26日 13時30分~2019年7月26日 16時30分
開場時間13時00分
講師社会保険労務士法人名南経営 永原 大樹(社会保険労務士・中小企業診断士)
弁護士法人名南総合法律事務所 三浦 憲治(弁護士)  
会場名南経営本社セミナールーム(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋34F )
概要 職場におけるパワー・ハラスメント(パワハラ)の防止措置を企業に義務付ける労働施策総合推進法が成立し、企業においては相談体制の整備や、被害者に対する不利益な取り扱いの禁止等を求める措置を講じることが求められるようになります。早ければ大企業は2020年4月(中小企業は2022年4月)から適用となり、法違反がある場合は企業名公表がされる可能性もあるため、速やかな対策検討が必要となります。
 他方で、従業員が顧客等からハラスメント行為を受けるといった事案も多く発生しており、カスタマー・ハラスメント(カスハラ)と表現されるそれは、労働者の定着率低下にも繋がるため看過できない問題となっています。そこで、名南コンサルティングネットワークでは、企業の労務管理及び企業法務の専門家を講師に立て、それぞれの具体的な対応策をわかりやすくお伝えするセミナーを企画しました。是非、ご参加ください。
カリキュラム【第1部】午後1時30分〜午後3時00分
パワハラ防止措置の具体的対応策と管理職への啓発方法
1.対応が求められるパワハラ防止措置とは
2.理解しておきたい業務指導との線引き
3.管理職に浸透させるための啓発・教育の方法
4.包括的なハラスメン防止体制構築のコツ 等

【第2部】午後3時10分〜午後4時30分
経営者・経営幹部が知っておきたいカスハラ・クレーマーの実務対策
1.カスハラとクレームとの峻別基準
2.カスハラへの対処方法
3.会社の利益を守るクレーム対応とは
4.クレーム対応手順モデルのご紹介 等
持ち物参加証
対象一般企業の経営者・経営幹部・総務人事等担当者の皆様
受講料(MBC特別会員様)8,640円(税込)
受講料(名南CN顧客先様)0円
受講料(一般のお客様)8,640円(税込)
受講料(その他)8,640円(税込)
その他弁護士法人名南総合法律事務所・株式会社名南経営コンサルティング共催

※名南コンサルティングネットワーク顧問先様につきましては、1社2名様まで本セミナーに無料でご参加いただけます。

<セミナー参加者様 限定特典>
セミナー開催日以降に弊社会議室にて行う、「日常的な業務に関する労務管理及び企業法務」についての「無料相談会」に申し込むことができます(1時間の予約制・申込期限2019年7月19日)。希望される方は「お申込みフォーム」の「相談会への参加希望」にチェックを付けお申込みください。(日程調整等は個別にご案内させていただきます)
お問い合わせ先社会保険労務士法人 名南経営
〒450-6334 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階
TEL:052-589-2355【セミナー事務局】
口座情報お振込みの際、貴社名の前に 【セミナーID番号(5桁)】 を入力ください。

株式会社名南経営コンサルティング セミナー事務局
三菱UFJ銀行 金山支店 普通預金 1787077
個人情報保護方針https://www.roumu.co.jp/privacypolicy/